オープンファシリティ新規登録 卓上顕微鏡TM4000Plus

4月1日より、オープンファシリティ装置数理物質系アドバンストSEM共同利用機器)として利用可能になりました。

卓上顕微鏡TM4000Plus

TM4000Plusは、初心者でも簡単に操作できる卓上サイズの走査電子顕微鏡(SEM)です。
本装置の特徴は、10分程度で始動でき、10,000倍程度の像観察が可能なこと、特性X線による組成分析が可能なことです。低真空状態での操作が標準であり、これまで電子顕微鏡観察が難しかった有機物や生体試料なども観察できます。
学生実験はもちろん、材料をはじめとした多様な研究に資することが期待されます。